萬事可問 命理 感情挽回 風水 西藏占卜 奇門遁甲內觀卜氣法

【日本人女性の子授け祈願、出産に際して帝王切開の日時を選定 子供に最高の人生を】

2019-05-20

数十年の人生には喜びや悲しみ、出会いや別れがあり、言葉では言い尽くせない様々なことが起こりますが、それらあらゆる出来事は始めから決まっているようです。ではこれらは誰によって決められているのでしょうか。変化し続ける大千世界は誰が支配しているのでしょうか。この事については多くの人が疑問を持ち、その答えを求めてあれこれ思いをめぐらしているのではないでしょうか。

 

 水島さんは小さい頃からずっと順調な人生を歩んできました。学校も志望校に合格し、卒業後の就職もスムーズで、仕事では順調に昇進し、人生には何も困難がないように思われました。でも、人生には、どんなに努力しても、自分の思うようにはならないことがあるとを思い知らされることになります。。

 

 結婚後、家庭に入り、家事に励んでいましたが、結婚してから五年経っても子供に恵まれず、不妊に悩まされました。朝目覚めてすぐに体温を測定し、排卵検査薬で検査し、それらのことを毎日欠かさずに行いましたが、毎月、妊娠検査は残念な結果に終わりました。

 

 友人たちとの集まりで子連れの友人を見るたび、彼女はとても羨ましく思いました。またご主人も、会社から帰って来たとき、家に愛する妻と子供がいたら、どんなに幸せだろうと話すことがありました。

 

 水島さんが初めて台湾高雄市に来たのはご主人の出張に付いて来たときです。水島さんはご主人の台湾の会社の同僚から尚台先生のことを聞き、元々占いに興味があった水島さんは台湾と日本の占いの違いを知りたいと思い、高雄の占い師、林尚台先生を訪ねました。

 

 水島さんは初めて予約の電話をした時、とても緊張していましたが、電話に出たアシスタントの女性が‘命理’の説明を流暢な日本語で通訳し、占いの時には要点やポイントをメモしてくれることを伝えると、安心した様子でした。

 

 先生は水島さんを見てすぐにこう言いました。

 「あなたが子供を授かるのは非常に難しいです。その理由はあなたがこれまでに2回中絶していて、その処理が不適切だったためです。このほか卵胞も発育不良です。次に‘命盤’で子女宮は擎羊と陀羅に挟まれ、化忌星が宮に対しています。このため、あなたは子供との縁が非常に薄いと言わざるを得ません。」

 

 運命を先に知ることができても、それがどうだと言うのでしょうか。「逢凶化吉(災いを転じて福となす)」と言われますが、何が凶かを先に知ることでその凶を避け、災いを転じることができ、理想的な人生を歩むことができます。

 ではどのように災いを転じて福となすのかは、本人が自分の運命をどれほど理解し、どのような態度を取るのか、どのような方法を用いるかにかかっています。そしてその時の運気に合わせることも大切です。‘命相’で現れる凶相は時としてその中に吉が隠れている場合もあり、その鍵は当事者がそれを適時に把握できるかどうかです。

 

 尚台先生は水島さんに、子供運を高める中で最も重要なポイントは恩を報いるために生まれる子供を得ることだと話しました。一般的に多くの子供は親を苦しめるために生まれてきます。先生は子供を授かる秘訣は運気を高め、気場(きば)を安定させることで、先生の指示通りに行うことが必要です。水島さんが日本に帰国した後も気場(きば)を安定させるべく、運気を高めるための儀式を行う必要があると話しました。

 

 日本に帰国後、水島さんは先生の指示に従ったところ、なんと3ヶ月後の検査で妊娠がわかり、喜びとともに驚きました。先生は彼女に何事も控えめにし、やっと授かった子供なのだから、特に注意しなければならないと話しました。彼女の主治医も黄体ホルモンが低いので流産しやすいと伝え、この時期は胚芽の発育が最も停止しやすい時期で、黄体ホルモンを3ヶ月注射し続けなければならないと言いました。

 

 やっと妊娠することができた水島さんは流産を恐れ、‘ネット占い’で先生に教えを請い、先生に安産祈願をお願いしました。しかし水島さんの福徳は十分ではなく、子供を守ることは難しい状況でした。そこで先生は法会を通して毎回彼女のために回向し、お腹の中の子供が安産で生まれるように祈り続けました。

 

 出産に際しては安産で生まれるだけでなく、正しい時刻に生むことも重要で、尚台先生は水島さんのために‘帝王切開の日時選定’を行いました。正しい時間に出産することは非常に重要なことで、子供が健やかに育つか、将来成功するか等はどれも親として切実な問題であり、中でも家族の運勢を上げることができるかは特に重要です。

 

 水島さんは尚台先生の‘指示通りの日時に帝王切開’で子供を出産しました。母子共に健康で、子供もすくすくと順調に成長しているそうです。先日、日本から感謝の気持ちを込めたお礼状が届き、生後5ヶ月のお子さんはとても賢そうな可愛らしい赤ちゃんでした。水島さん、本当におめでとうございます!

 

 実は帝王切開の日時の決定は非常に複雑な作業で、両親にあった命盤を選ばなければなりません。街中の多くの命理師はたった数十分で出産日を選びますが、それで本当に子供に適した命盤を提供することができるでしょうか。

 

 これから親になる皆さん、ぜひ最適な出産日を選定してくれるプロの‘命理師’へご用命ください。これはあなたが子供のためにできる人生で最も重要な決定であり、決して間違いがあってはいけないのです。

 

留言區

發表迴響

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步瞭解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料

%d 位部落客按了讚: