萬事可問 命理 感情挽回 風水 西藏占卜 奇門遁甲內觀卜氣法

日本人女性が台湾で良縁祈願

2019-07-09

日本に行ったことのある人なら日本各地に多くの神社や神宮があり、多くの若者が良縁を求めて訪れているのをご存知でしょう。良い縁に恵まれることは多くの人々の願いであり、様々な縁結びの方法がありますが、縁が多いだけでは不十分です。如何にして良縁に恵まれるかが最も重要なのです。

渡邊さんは日本航空のCAで、仕事でよく台湾に来ていました。仕事の都合上、滞在期間は短いですが、台湾グルメが好きで、台湾の占いにも興味を持っていました。そして同僚が台湾で占いをして良縁に恵まれたことで、とても心を動かされました。

これまで様々な恋愛をしてきた彼女は当時、安定した恋愛関係を築きたいと願い、特に仕事が忙しくて恋愛をしている暇がない!と嘆いていました。そして再び仕事で台湾に来ていたとき、同僚が仕事の合間の休みを利用して占いに行くと聞き、またその占い師が特に予約が難しい命理師だと知り、同僚にお願いしてその機会を譲ってくれるように頼みました。このような縁で、渡邊さんは尚台先生に出会ったのです。

先生は渡邊さんの命盤を見て、いままでの恋愛はすべて三角関係で、公にできない関係だったでしょうと言いました。渡邊さんはしばらく沈黙した後、静かに頷きました。確かにこれまでの恋愛では自分はいつも第三者で、相手は既婚者か彼女がいる男性で、彼女自身辛い思いをしてきました。

実は渡邊さんの命盤を見ると彼女は第三者の運命に属し、八字命盤では傷官と食神が多く、恋愛では第三者になりやすい運命です。また手相、面相を見ると眉尻にホクロがあり、情欲が旺盛で、結婚後も貞操を守らないことが考えられます。またあごが細く、いわゆる愛人顔で、情欲に溺れ、目の前の快楽のために道徳を忘れてしまう人相でした。

そこで尚台先生は渡邊さんに、「今付き合っている相手とは別れたほうがいい。あなたの愛している人は妻帯者で、これは裁判で訴えられる案件だ」と言いました。しかし日本に帰国した渡邊さんはこの男性と別れることができず、その後、男性の子供を妊娠してしまいました。この事を知った不倫相手の妻は憤慨し、渡邊さんを訴えました。

渡邊さんが再度先生に教えを請いに来たとき、非常に落ち込んでいました。相手は渡邊さんが妊娠しても子供の養育を約束してくれなかったばかりでなく、彼女の前から姿を消してしまったそうです。尚台先生は渡邊さんにこう話しました。「これは前世の報いです。前世であなたは彼と一緒になると約束したのに他の人を好きになり、その人と結婚してしまいました。そして彼はあなたを待って仕事も失い、心に深い恨みを抱いたのです。だから今世であなたはこの縁を結びたいと願ってもそのような結果にはなりません。無理強いはできないのです。」

尚台先生は渡辺さんのために「官非」の運勢がよくなるように祈りました。そして渡辺さんに、これまでの恋愛で作ってしまった業に対して深く反省し、誤りを悔いれば、「官非」は解決すると教えました。その後、不倫相手の妻は渡邊さんへの告訴を取り下げ、和解書を取り交わしました。さらに先生は渡邊さんが良縁に恵まれるよう「桃花符」を渡しましたが、渡邊さんはこの桃花符をもらい、日本のお守りとは全く違う、特別な感じがしたそうです。そしてこれを燃やすと不思議なパワーを感じ、しばらくして仕事関係で現在の交際相手に出会い、彼は渡邊さんを愛し大切にしてくれているそうです。

先月、渡邊さんは再び高雄に来て、林尚台先生のもとを訪れました。彼女は先生に、仕事を辞めて結婚することになったと報告し、その表情は幸せに溢れていました。そして林尚台先生との出会いが彼女の運命を変え、よりよい人生を送れることになったご縁に感謝の気持ちでいっぱいでした。

留言區

發表迴響

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步瞭解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料

%d 位部落客按了讚: